ネット証券会社のFX口座を完全比較

ネット証券会社のスプレッドなどFX口座の比較

最近多くのネット証券会社がFXに参入してきている。これまでGMOクリック証券のみ、FXやバイナリーオプションを強化していたが、楽天証券、マネックス証券もFXのサービス強化をはかっている。クリック証券はドル円のスプレッド0.3銭、しかも原則固定という具合だ。

 

為替相場の急変動時はスプレッド幅が拡大することもあるらしいが、平常時はそのスプレッド幅で為替レートが提示されるらしい。他にもポンド円、ユーロ円、オーストラリアドル円なども原則固定1.0銭以下、または同水準で取引できる。

 

ただネット証券は、FX投資家有利な環境を提供してくれるが、野村証券や大和証券などの店頭大手証券会社は、手数料がかかりスプレッド幅も非常に広い。本格的にFXを始めるならやはり大手ネット証券会社を中心に探してみたほうがいいだろう。

 

関連するネット証券のランキングサイトを紹介しておきたい。

 

 

FXランキングの王道 | ネット証券比較

 

証券会社のFX人気ランキングの王道

欧州債務危機をにらんだ神経質な動きが続くと予想される。格付け会社フィッチは16日、フランス国債の格付け見通しを「弱含み」に変更、「弱含み」としていた欧州6カ国の国債格付けを引き下げ方向で見直すことを決めた。引き続き欧州情勢の影響を受けやすい状況は変わらないだろう。ただし、今週はクリスマス休暇による参加者減少によって、海外勢の売買が一段と細る可能性がある。そのため、欧米市場の動向にさや寄せする形でのオープニング・ギャップ以外は、方向感が出難い。