FXをこれから始める初心者の方向けのコンテンツ

FX初心者のためのFX入門

FX初心者のための入門としてまずはFXの心構えについて述べてみたいと思います。

 

投資の世界に限らず、世の中に「絶対」や「100%」は存在しません。FXも同じで、「未来永劫儲かり続ける取引スタイル」や「勝率100%のFX手法」は存在しません。どんなに優秀な売買手法であっても、負けトレードや連敗、落ち込みは少なからず生じます。

 

FXで勝つパターンといえば、主にテクニカル手法を指しますが、「絶対に儲かる投資手法」ではなく、「儲かる可能性がある投資手法」だと考えておいたほうがいいかもしれません。

 

 

またFXのメリットを享受する上で、最大の障害の1つが「継続性の壁」です。「継続性の壁」とは、負けトレードが続いたりして勝てる手法自体が信用できなくなり、取引者が手法に基づいたシグナル通りにトレードしなくなることを指します。負けが続く、手法への不信感、シグナルを無視、自分の勘に頼る、大損、市場からの撤退。

 

これが勝てるFX手法を編み出した、FXの初心者の撤退パターンになります。調子が悪くてもデモ口座などで、再度やりなおすなど根気が必ず必要になります。

欧州債務危機をにらんだ神経質な動きが続くと予想される。格付け会社フィッチは16日、フランス国債の格付け見通しを「弱含み」に変更、「弱含み」としていた欧州6カ国の国債格付けを引き下げ方向で見直すことを決めた。引き続き欧州情勢の影響を受けやすい状況は変わらないだろう。ただし、今週はクリスマス休暇による参加者減少によって、海外勢の売買が一段と細る可能性がある。そのため、欧米市場の動向にさや寄せする形でのオープニング・ギャップ以外は、方向感が出難い。