自分の目的方法で投資を

自分の目的方法で投資を

このように、現物取引、先物取引のいずれも一長一短です。

 

現物取引は長期保有に適していますが、現物を保管する際の安全性や、少額取引の際にはコスト高になること、さらにいえば、いざ現金が必要になって売却しようとした場合、購入した先でしか売却できないというケースがありますし、仮に売却できたとしても、鑑定などに時間がかかり、すぐに現金化できないというデメリットがあります。

 

これに対して先物取引は、いつでも自由に反対売買で利益を確定させることはできますが、売買単位が大きいこと(場合によっては自分の資金に対して大きなレバレッジがかかってしまうこと)、決済月が決められていることから、投資スタンスが短くなりがちで、どうしても投機的な売買にならざるを得ません。

 

実際に金を売買する際には、こうした商品性の違いを見極めて、自分に合った方法で取引する必要があります。

 

【PR】人気のおすすめサイト
達人のfx比較
FX歴5年の投資家が運営。最高のFX会社を選ぼう!FXの比較ランド。勝つためにはサービス内容の評判がいいFX会社選びが重要です。スプレッドのFX比較から、ランドやトルコリラなど人気のスワップ金利通貨の為替レート情報、口座開設キャンペーンまで

 

クレジットカードの比較
人気のクレジットカードをランキング比較。年会費無料、マイラー必見のマイル・ポイント 高還元率、ゴールドカードなどのクレカの特徴をご紹介。入会キャンペーンも掲載。

欧州債務危機をにらんだ神経質な動きが続くと予想される。格付け会社フィッチは16日、フランス国債の格付け見通しを「弱含み」に変更、「弱含み」としていた欧州6カ国の国債格付けを引き下げ方向で見直すことを決めた。引き続き欧州情勢の影響を受けやすい状況は変わらないだろう。ただし、今週はクリスマス休暇による参加者減少によって、海外勢の売買が一段と細る可能性がある。そのため、欧米市場の動向にさや寄せする形でのオープニング・ギャップ以外は、方向感が出難い。